minna umakunaru surfing site

サーフィンを続けることができなくてやめる5つの理由と解決策

 
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!ちょんまげバニラです。サーフィンについて経験したことを書いていきます。 訪れて下さった方に、役立つ情報や楽しさを提供できるよう、価値ある記事を書いていきたいと思います。
Pocket

 

こんにちは!ちょんまげバニラです。

 

サーフィン人口って増えてるんでしょか?むしろ年々減少しているよう感じがします。

 

千葉のように人が多いところでサーフィンをしていないからでしょうかね。

 

とはいえ、南房総はサーファーは少なかったような記憶があります。

 

僕個人的にはサーフィンを始めたら中毒になるくらいハマると思うんですけどね。

 

やはりサーフィンを続けることに障害が出てくるのでしょう。

 

て、ことで今回はサーフィンを続けることができなくなりやめる5つの理由ってことをテーマとしましょう。

 



サーフィンを続けることができなくてやめる5つの理由

 

仕事が忙しくなったから

 

海が近くにある人はサーフィンしようと思えば海に行けると思いますが、海が近くにない人はサーフィンの情熱が薄くなってくると、行きたくても二の足を踏むのでしょう。

 

年齢を重ねるごとに仕事が超多忙になってきますし。

 

せっかくの休日を2~3時間かけて海に行くことは異常だったと気づくかもしれません。サーフィンにハマっているときは移動時間なんて気にすることはなかったんですけどね。

 

そして、いつしかそれが当たり前になり海から離れていき、元々あった生活に戻っていくという。

 

いや~悲しいですね。

 

解決策はやはり、海の近くに住むってことがいいような気がしますね。日本は島国ですから海の近くに住むチャンスは地味に多いですからね。

 

太平洋側が理想ですが、東シナ海や日本海側も台風の進路により、ビックリするくらい良い波がブレイクします。

 

トリップしまくって良い場所を探すのもいいかもしれませんね。

 

身体が劣化していくから

 

キープサーフィンという言葉があるようにサーフィンは進化するより、いかに現状を維持できるかも課題となっています。

 

嫌でも身体は歳とともに劣化していきます。

 

自然相手のスポーツなので体力の劣化は顕著に現れるでしょう。波のサイズがあればドルフィンスルーの回数なんて数え切れないくらいしますしね。

 

そこから波の取り合いをして、波に乗るのですからいずれ波に乗れる本数も減っていくことでしょう。

 

これも悲しい現実が待ってますね。波がとれなくなるという。

 

解決策は、ないです!こればっかりはないんじゃないですかね。

 

あ!人工のウェーブプールってのがありますね。お金に物を言わせるという手がありました。最高の波を貸し切りですね。

 

1時間60ドルくらいらしいんで、7000円で収まりますよ。

 

家族ができて時間が制限されるから

 

家族サービスですね。趣味の時間を取られますね。子供ができたら奥さんは豹変しますからね~。サーフィンして怪我でもしたらどうすんの!って話にもなりかねません。

 

サーフィンして遊んでるなら家事の一つでも手伝えと。

 

子供の養育費が必要なのにサーフボードなんて買えません。ウェットスーツも破れるまで着ないといけません。

 

そうやってサーファーが減っているのは事実です。

 

上手いサーファーが減るのは歓迎するんですが、下手なサーファーだけが減っていきますよね。非常に残念です。

 

解決策は、嫁に負けるな!ってことですかね。嫁に負けるから自由を奪われるんですよ。

 

一度負けたら終わりですよ。洗濯物も別々で洗われるという未来が待ってますよ。

 

こずかいも雀の涙くらいに減らされます。

 

嫁に負けたらこの現実が待ってます。

 

心理的にサーフィンが嫌いになったから

 

波に恐怖心を抱いてしまうからでしょうか。解決策はありますよ。デカい波のときは無理してサーフィンしないことです。

 

チャンスは一度だけではないですからね。初心者でわざわざデカい波に挑戦する必要ないと思います。

 

サーフィンが上手くなってきたら必然的に挑戦したくなります。その時まで焦らずゆっくりレベルを上げていけばいいんです。

 

僕の知り合いで初心者の頃にサーフショップの人にリーフに連れていかれて、その時に恐い体験をしたのかサイズが小さいときでもリーフに入らないという非常にもったいないサーファーになっている人もいます。

 

波が大きいと思うのは人それぞれですので、自分にとって波が大きいから無理かもって思ったら海に入らないで見ておけばいいんです。

 

断れないのであれば、お腹が痛くなったって言っておけばいいんです。

 

あとは人間関係ですかね。サーフィンは競争してますからね~。

 

僕は人が多いときはチューブが綺麗に巻いてあろうが、無風であろうがそのポイントではサーフィンしないですね。

 

面倒くさいですもん。率先して人が少ないところでサーフィンします。なので基本的に人と揉めることはないですね。

 

やっぱり人が多いところは絶対にトラブルは起こりますよ。

 

それでもそこでサーフィンするということは自業自得だと思います。予想できたはずですから。

 

とはいえ、僕自身はかなりローカルがきついところでもサーフィンしてるという。こればっかりはタイミングが良かったんでしょうね。

 

県内のサーファーでも海に入れてくれないようなサーフポイントに県外の僕が入れるという。しかも波があるときしかそのポイントに行ってないという。

 

いや~本当に感謝ですね。

 

健康でなくなってしまったから

 

サーファーはとにかく暴飲暴食が半端ないです。

 

サーフィンは実はめちゃくちゃ脳みそを使ってますしね。常に波の状況を確認してますし、ラインも考えてますから。

 

しかも体力も使ってます。なのでお腹が減るのでしょう。なので家に帰ってきたら堕落するのでしょう。

 

そして、やたら飯を食うという。

 

で、サーフィンしてるもんだから健康であると誤解してるという。

 

これは完璧な誤解ですね。

 

遺伝子検査やってみたほうがいいですよ。病気になってからでは遅いです。未然に防げるものは防ぎましょう。

 

遺伝子検査はこちら→わたしたちの遺伝子から健康のためのヒントを見つけよう【MYCODE】

 

まとめ

 

サーフィンは楽しんでなんぼですので、本来は続ける続けないの問題ではないんですけどね。

 

海は動いてどっかに移動するわけではないので、海に行けばサーフィンできますからね。

 

海は遊園地みたいなもんなんです。

 

いつでも遊びにいきましょう!

 

以上です。今回もなかなかレベルの上がらない文章を読んでくれてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!ちょんまげバニラです。サーフィンについて経験したことを書いていきます。 訪れて下さった方に、役立つ情報や楽しさを提供できるよう、価値ある記事を書いていきたいと思います。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちょんまげバニラのサーフィンBLOG , 2018 All Rights Reserved.