minna umakunaru surfing site

サーフィンのタルい波の攻略法!んなもん簡単でしょ!

2018/06/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!ちょんまげバニラです。サーフィンについて経験したことを書いていきます。 訪れて下さった方に、役立つ情報や楽しさを提供できるよう、価値ある記事を書いていきたいと思います。
Pocket

 

こんにちは!ちょんまげバニラです。

 

今回はサーファーが大嫌いなタルい波の攻略法です。梅雨時期とかサーフィンしたくないくらいタルいですもんね。

 

タルい波なん正直この世界からなくなればいいと思います!

 



サーフィンのタルい波の攻略法

 

タルい波なんて基本無視ですよ。

 

攻略しようとも思わない。だってコンペテーターじゃないし。そんなもんにこだわる必要ない。

 

パンピングしまくってサーフボードがへこむだけだし、タルい波をメイクしてもなんの快楽もない。

 

やっぱりそこそこホレた波をメインにして乗れるようにしていくほうがサーフィンしてて楽しい。

 

そこだけにフォーカスすればいいんです。

 

タルい波は無視!これにつきる。タルい波に当たった日にはサーフボードを交換して気分転換して遊べばいいんですよ。

 

とはいえ僕は今は持ってないんですよ。ふざけたサーフボードを。

 

なのでタルい波用のサーフボードは1本くらい車にストックしておくといいですね。

 

こんなの。

 

 

ということで、現実的なタルい波の攻略法を。

 

タルい波のテイクオフ

 

タルい波はタルイですから、いつもテイクオフするときと同じパドリングじゃいけないって事は解ってますよね。

 

たぶんですが、解ってない可能性があると思ったんでテイクオフからいきますね。

 

波に追いついたら、テイクオフする前につけれるだけパドリングでスピードをつけておきます。

 

タルイ波なので早くテイクオフする必要はないです。慌てる必要ないです。

 

感覚的に言うと、通常の波より2~4漕ぎパドリングの回数を増やす感じです。

 

波がタルイのでシビアにテイクオフしなくてもいいです。テイクオフしながら波のスピードを確認してください。

 

タルい波が乗れない人はテイクオフした瞬間のサーフボードのスピードが遅すぎます。

 

波に追いつかない人はパドリングの記事を見ておいてください。

 

肩を固定すればパドリングが安定するし速くなるよ!

 

この他にもパドリングの記事を書いてます。スクロールして、カテゴリーのテクニックに入ってます。

 

タルい波を攻略するには先走る気持ちを抑えること

 

問題はここからですよ。テイクオフしてから。

 

タルイ波なのにバンバン走るから攻略できないという。先走り症候群ですよ。

 

ロングボードの人達を見習ってじっと耐えてホレてくるまでダラ~って乗るのが一番です。

 

だら~って乗ってホレてくるまでレールを最小限しか入れないサーフィンをする。これが最強です。

 

上級者ターンしてるじゃないですか!って?

 

ターンしてますね。

 

波のパワーゾーン内で小刻みにターンしてます。絶対にパワーゾーンから出ないようにターンしてます。

 

足首でサーフィンする感じですかね。踏み込んですぐ切り替えす感じ。

 

リキますずに、メリハリをつけてコンパクトにサーフィンする。

 

小さなカービングをしながらスピードを落とさないように繋げていきます。ホレてくるまで待つって感じです。

 

カービングって何?って聞かれると、文字で表現しずらいですね。コンパスのように点でターンする感じです。

 

サーフボードを海面に押し付けて、反発して返ってくる圧力をターンの推進力に変える感じですかね。

 

サーフスケート持ってる人はカービングを練習したほうがいいかもですね。

 

カットバックの軌道なんですが、コンパスみたいにテールがほぼ動かない状態でカットバックを完結させる感じです。

 

フロントを浮かせてはダメですよ。

 

スケートボードを絞るようにターンすればできるようになります。

 

言葉で言うのは簡単ですが、かなり練習しないと出来ないと思います。

 

とはいえカービングをマスターするとかなりサーフィンが楽しくなります。スプレーがめちゃくちゃでますからね。

 

 

まとめ

 

とはいえ、本当にタルい波は攻略しなくてもいいと思ってます。

 

タルい波は身体全体を使うので、身体にガタがきますよ。カービングとかタルい波でやると身体が疲労しまくりです。

 

パンピングもサーフボードがへこむし。

 

サーフボードをサブボードに変えてサーフィンするのがいいと思います。波がタルい日は遊んだほうがいいです。

 

何でもかんでも急いで完璧を目指す必要はないです。波がタルい日はゆるーい気持ちでサーフィンしたほうがいいです。

 

とはいえサーフィンが上手くなりたいなら絶対読んでおいたほうがいい本がありますよ。

 

僕も持ってましたがなくなりましたけど。

 

 

 

以上です。今回も読んでくれてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!ちょんまげバニラです。サーフィンについて経験したことを書いていきます。 訪れて下さった方に、役立つ情報や楽しさを提供できるよう、価値ある記事を書いていきたいと思います。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちょんまげバニラのサーフィンBLOG , 2018 All Rights Reserved.