minna umakunaru surfing site

超リアルなサーフィンのテイクオフのイメトレしてる?

2018/06/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!ちょんまげバニラです。サーフィンについて経験したことを書いていきます。 訪れて下さった方に、役立つ情報や楽しさを提供できるよう、価値ある記事を書いていきたいと思います。
Pocket

 

こんにちは!ちょんまげバニラです。

 

サーフィンのイメージトレーニングやってますか?ほとんどの人がイメトレをやってると思います。

 

僕自身は仕事中でもリッピングのイメトレやってましたねー。キチガイでしたね。ヒマさえあればやってました。

 

完璧なサーフィンバカでしたね。

 

リッピングのイメトレの動作ばっかりやってないですか? テイクオフのイメージトレーニングもたまにはやったほうがいいですよ!

 

今回は、超リアルなテイクオフのイメージトレーニングをやってみましょう。

 



超リアルなサーフィンのテイクオフのイメージトレーニングの練習

 

ただ速く立つというテイクオフだけじゃなく、パドリングとか目線とかすべてを網羅したイメトレをしましょう。

 

波を追いかけてるときからテイクオフまでのイメージトレーニング

 

やってくださいね。

 

まず布団の上でもいいのでパドリングの姿勢をとってください。

 

波がきてます。パドリングを開始してください。

 

波のサイズは好きなサイズを想定してくださいね。

 

パドリングは肩が固定できてますか?

 

肩が固定できてない人はこの記事を読んでください。→肩を固定すればパドリングが安定するし速くなるよ!

 

肩が固定できているなら進めていきます。

 

そろそろ波に追いつきそうです。

 

バタ足しますか?バタ足するならここでバタ足も入れてみてください。

 

バタ足のタイミングはパドルとあってますか?あくまでもパドリングを邪魔するバタ足はダメですよ。

 

パドリングはリズムを意識してパドリングしてますか?

 

パドリングをガーって漕いでる人はこの記事を読んでください。→ガンガンパドルしてるのに波に乗れない人

 

あってますか?パドリングとバタ足のタイミング。あってるならこのまま続けます。

 

この時はすでに目線も切り替えていきましょう。

 

目線の重要性が解らない方はこの記事を読んでください。→パドリングの視界で劇的に波に乗れる本数が変わる!

 

レギュラーとグーフィーのどちらかでいいので決めてください。

 

で、パドリングしながらその波の全体をとらえます。端まで目線で確認してください。

 

と、同時に自分がここにテイクオフしたらここにいるだろうってところ、ショルダーとボトムにも視線を合わせてください。

 

波の端を見たままテイクオフするのが理想ですね。

 

サーフボードのノーズが上がってませんか?胸で板を押し付けてパドルしてますか?

 

胸でボードに圧をかける意味が解らない人はこの記事を読んでください。→体重を乗せてテイクオフしてる?スピードをロスしてないかな~

 

できてますか?全部出来ているなら、テイクオフしたらここにいるだろうってところに目線を合わせたままテイクオフします。

 

できていないのであれば出来るまでやってからテイクオフしてください。

 

リアルなテイクオフのイメージトレーニング

 

テイクオフしてください。

 

テイクオフしました?

 

スパっと立てました?

 

パドルで胸を押し付けていたところに前足がきてますか?

 

胸の位置に前足がきてないならもう一度テイクオフしてみてください。

 

前足が常に同じベストの位置のところにありますか?

 

前足の場所がそもそもそこであってますか?

 

だいたい初心者から中級者くらいの人はテイクオフした時に胸の位置に前足がきてないです。

 

よくわかってない人はもう一度この記事を読んでください。→体重を乗せてテイクオフしてる?スピードをロスしてないかな~

 

テイクオフしてグンって踏み込んだときにレスポンスが感じられない場合は、前足の位置が少し後ろになってます。

 

そうなっちゃうと、サーフボードの性能を引き出せないです。

 

手をつく位置を変えてみるとか。探っていくと前足がすんなり胸の位置に立てるところがあるはずです。

 

どうです?スパッとテイクオフできました?

 

スパッとテイクオフできるまで、テイクオフのみやってみてください。

 

できましたぁ?

 

お疲れ様でした!

 

それでは、少し休憩してから、パドリング開始からテイクオフまでもう一度やってみてください。

 

慣れてきたら、波に追いつくパドリングは4漕ぎでキッチリしとめたほうがいいです。4漕ぎの間で視線をすべて合わせといくださいね。タルイ波を想定して6漕ぎでもいいですね。

 

できましたか?できなくてもいいので時間があるときにこのイメトレをやってみてください。

 

はっきり言ってこれだけです。これが出来れば上級者まですぐそこです。

 

完璧に出来るまで、練習してください。布団の上で出来ないなら海でもできません。

 

あまり布団の上で練習しまくると布団が破けるので、ヨガマットを買いましょう。ヨガもおすすめなので本も買いましょう。

 

ついでにバランスディスクも買いましょう。スケボーよりいいです。2つ買って、この上でイメトレするといいですよ。

 

 

というように、たかがパドリング。たかがテイクオフを超リアルにイメージトレーニングして練習していけば上達が速いですよ。

 

ボトムターンのイメトレも同じですね。

 

中級者サーファーが陥ることはこちら→中級者サーファーは確実に乗れるであろう波しか追いかけていない

 

以上です。今回も読んでくれてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!ちょんまげバニラです。サーフィンについて経験したことを書いていきます。 訪れて下さった方に、役立つ情報や楽しさを提供できるよう、価値ある記事を書いていきたいと思います。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちょんまげバニラのサーフィンBLOG , 2018 All Rights Reserved.