minna umakunaru surfing site

電車が走って波を起こしてサーフィンしてるけどアレはどこ?

2018/06/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!ちょんまげバニラです。サーフィンについて経験したことを書いていきます。 訪れて下さった方に、役立つ情報や楽しさを提供できるよう、価値ある記事を書いていきたいと思います。
Pocket

 

こんにちは!ちょんまげバニラです。

 

最近よく電車が走ってるサーフポイントの映像が見かけるようになってきました。めちゃくちゃロングライドしてます。あれはケリー (ケリー・スレーター) が作ったみたいですね。

 

宮崎のシーガイアよりはるかに波が良さそうです。いくらぐらいでサーフィンできるのでしょう。シーガイヤでサーフィンするには2時間10万円だったけど、桁が違いそうですね。ちなみにシーガイヤは潰れちゃいました。

 

シーガイヤは水が透明だったので見にくかったけど、ケリーが作ったウェーブプールは水に色がついてるので乗りやすそうですね。

 



電車が走ってサーフィンしているのはどこにあるの?

 

カルフォルニアのレモア「lemoore」にあるみたいです。上空からの映像を見たことがあるんですが、周りは畑みたいなとこで、すごく田舎っぽいとこに作ったなって感じました。

 

名前はサーフランチと呼ばれています。

 

電車サーフィンは一般の人が行けるのか?

 

基本的には選手の育成施設みたいですね。たぶん僕たちみたいな一般レベルのサーファーには貸してくれないでしょう。オリンピックとかの強化選手レベルの話だと思います。

 

海外は日本と違ってサーフィン養成所みたいなとこはザラにありますから、各国のその団体向けでしょう。

 

どんどん建設されれば、一般にも開放されるでしょう。

 

値段ですが、何時間かは解りませんでしたかシーガイアと同じくらいみたいです。10万円くらいかな。

 

電車サーフィンプールはどんどん建設される?

 

2つ目が建設されるみたいです。というかもう建設されてました。今回のは電車が見えませんね。サーフランチを超えてかもしれません。ボタン操作で様々な波質に変えれるみたいです。

 

早速ジェイミー先生が乗ってましたね。アメリカのテキサス州にあるみたいです。施設の名前は、Perfectswellです。

 

日本にもウェーブプール建設のウワサはあるみたいですね。だけど、どうなんですかね。シーガイヤが潰れるくらいですから。

 

宮崎の場合は近くに海があるから、わざわざシーガイヤでサーフィンしないですもんね。行くのはサーファー以外の人達なのかなと思ったんですが、初心用の波ではないのでやはり強化選手専用になるのかな。

 

まあシーガイアよりはるかにサーフランチの波はいいですね。シーガイアは室内でしたから開放感がなかったけど、ケリーのウェーブプールは屋外だしロングライドできるので建設されたら流行るかもしれないですね。なによりチューブが長いし簡単そうにみえます。

 

2020年の東京オリンピックにウェーブプールが使われる可能性があるかも

 

2020年の東京オリンピックに使われる可能性はあるかもしれないですね。

 

サーフィンをサッカーとかテニスみたいに観客席を設けてコンパクトに開催するパターンですかね。近いところで観戦できるので臨場感がありますね。サーフランチは映像を撮影してる角度もいいのでテレビでもみやすいでしょう。

 

観客席からのサーフランチの映像はこれです。

 

 

そしたら千葉に作るのかな?

 

僕としてはウェーブプールでオリンピックはないような予感はします。そもそも建設が間に合うのかと。シーガイヤとか確かに波はいいですが、しょせんマシンブレイクは見てておもしろくないと思います。同じ波なので。以前WCTが千葉で行われましたが、やっぱり海のほうがいいでしょう。あの時は波に当たりましたね。

 

ケリーのウェーブプールはセットとか色々な波質を出せるんでしょうか。

 

とはいえ、いつかそういう不規則な波も発生する技術もできるんでしょう。

 

2020年のオリンピックでサーフィンが成功するかどうかは、やはり波があるかないかでしょう。膝波とかだったら悪夢ですね。

 

やはりそう考えるとオリンピックでウェーブプールはあるかもしれませんね。

 

千葉に出来るのか!?できたら乗ってみたい!

 

 

今回も読んでくれてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!ちょんまげバニラです。サーフィンについて経験したことを書いていきます。 訪れて下さった方に、役立つ情報や楽しさを提供できるよう、価値ある記事を書いていきたいと思います。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちょんまげバニラのサーフィンBLOG , 2018 All Rights Reserved.