minna umakunaru surfing site

宮崎エリアの木崎浜のサーフポイントまでの行き方

2018/05/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!ちょんまげバニラです。サーフィンについて経験したことを書いていきます。 訪れて下さった方に、役立つ情報や楽しさを提供できるよう、価値ある記事を書いていきたいと思います。
Pocket

 

こんにちは!ちょんまげバニラです。

 

今回は宮崎県の宮崎エリアのメインビーチであるサーフポイントの木崎浜の行き方を紹介していきます。

 

宮崎に通いだした頃は日向エリアばかり入っていたので、たまには違うところでサーフィンしたいな~と思って木崎浜の行き方を日向エリアのサーフショップで教えてもらったんですが、木崎の近くまで来たのにもかかわらず曲がるところが解らず、結局通過して日南エリアまで南下してサーフィンしていました。

 

いま思うとその頃は日向エリアか日南エリアという、すごいコスパの悪い移動をしてましたね。

 

なので木崎浜のサーフポイントまで分かりやすく行き方を紹介していきたいと思います。

 



木崎浜のサーフポイントまでの行き方

 

県外から飛行機で来るとしたら、宮崎空港から木崎浜のサーフポイントまで10分以内で着きます。

 

飛行機で宮崎に来てサーフトリップする方も多いことでしょう。サーフボードさえ持ってくれば車はレンタカーを使えばいいですしね。

 

宮崎空港の周りにもたくさんレンタカー屋さんがあります。

 

とりあえず空港を基準に説明していきますね。

 

木崎浜のサーフポイントへ行くなら220号線を走ろう

 

220号線を日南方面に南下します。

 

5分くらい走ると、左手にサンマリンスタジアムが見えてきます。

 

 

そうしていると、前方に青い看板が見えてきます。

 

 

 

左方面に、宮崎学園都市と運動公園と書いてあります。これを左に降りていきます。

 

 

降りていくんですが、ここのへアピンカーブで曲がります。

 

このヘアピンカーブを曲がり損ねると運動公園のほうへ行っちゃいます。

 

 

ヘアピンカーブを曲がったら、ひたすら真っ直ぐいきます。

 

 

ひたすら真っ直ぐ行くと右手にブラストがあります。WAXありますか?

 

 

ドン付きまで真っ直ぐ行ったら、右方向に上っていきます。川沿いですね。

 

 

ここは道が狭いので、ゆっくり通行してくださいね。

 

 

もうここら辺でもサーフィンできます。迷惑になるような駐車はやめてくださいね。

 

トイレ前まで行ってみましょう。

 

 

 

残念!膝~腰ですね。加江田のほうも見てみましょう。

 

 

いや~終わってますね。宮崎でここまで波がないのは逆にレアですね。

 

このまま道なりに進んで行けば、220号線に出れます。

 

サーフポイント木崎浜の特徴

 

完全ビーチです。基本的に風はかわしません。

 

木崎浜は北側の清武川と南側の加江田川に挟まれるようにあります。どこで入っても完全にビーチです。

 

特徴ですか?

 

特にないような。遠浅のザ、ビーチブレイクって感じの波ですね。どこからでもゲットできますし、どこからでも上がってこれます。

 

シャワーも完備されていますし、水も汲むことができます。

 

木崎浜は日向の小倉ヶ浜より人は少ないですね。木崎浜のほうがキャパは広いかなかな?大型連休はそりゃ多いですが、平日の昼間とか人がゼロとかザラにあります。

 

やはり、朝と夕方は人が集まってきますね。それ以外を外せば波は余りまくってますね。

こちらも読んでおいてください→なんでローカルに目をつけられるのか?それはコンフォートゾーンを乱すから

レンタカーの予約はこちら→レンタカー
解ってますよね?ローカリズムを乱すことのないようお願いします。

 

こんな感じです。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!ちょんまげバニラです。サーフィンについて経験したことを書いていきます。 訪れて下さった方に、役立つ情報や楽しさを提供できるよう、価値ある記事を書いていきたいと思います。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちょんまげバニラのサーフィンBLOG , 2018 All Rights Reserved.