minna umakunaru surfing site

初めての日本海でスタンディングチューブを自ら放棄した話。

2018/05/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!ちょんまげバニラです。サーフィンについて経験したことを書いていきます。 訪れて下さった方に、役立つ情報や楽しさを提供できるよう、価値ある記事を書いていきたいと思います。
Pocket

 

こんにちは!ちょんまげバニラです。

 

今回は初めスタンディングチューブに遭遇したときの話です。いわゆる汚点です。いま思うと非常にもったいないことをしました。

 

サーフィンを始めて半年ぐらいでしょうか。アップスとかフローターとか横の動きができるようになってようやくサーフィンしてる!って実感してる頃だったと思います。

 

その頃はサーフィンに関して何でも興味を持ってましたね。新しいポイントに行ったり、連れていってもらったり。夜中だろうが関係なくスケボーしたりしてました。

 

完璧にサーフィンにハマってました。

 

始めて日本海を知る!

 

仕事してる最中に波情報をみて、胸くらいとでていたら仕事してることが馬鹿らしくなって仕事中ずっとイライラしてました。

 

あーサーフィンいきてぇー。みたいに。

 

そのときは太平洋側の伊良湖にいたので冬はあまり波のサイズが上がらなかったんですね。少しでもサイズがあるときは海に行きたかったんでしょう。

 

と、そんな時期に県外にサーフトリップに行く?と先輩サーファーに言われました。

 

その先輩サーファーは色んな県を転々としてたらしく、たくさんの県外サーフスポットを知ってました。体力もサル並みにありましたね。

 

その人のことは最初ヤクザだと思ってましたね。黒のリンカーンに乗ってて坊主でしたから。しかも身長もデカい。あ~この人はヤクザを破門になった人なんだと。

 

そのヤクザサーファーのYさんが、冬は日本海だぞと。西高東低が緩んだときは波が最高だぞと。そのYさんはフットワークが軽く休みの日に日本海に波があれば日本海に行ってました。

 

すごくフットワークが重い僕は、考えました。日本海ってことは朝早く起きないといけないのかと。

 

睡眠をとるか波のサイズをとるか。

 

とりあえずみんなで行くことになり、拉致られることはないことが判明しました。

 



そこの波はいたるところでスピッツが出ていた!

 

どうやって朝起きれたのか分かりませんが、記憶があるのはサーフポイントの近くであろう住宅街のところでした。

 

僕。「なんつーポイントに行くんですか?」

 

Yさん。「ハマジ。」

 

みなさんすいません。ハマジらしいです。漢字かカタカナか分かりませんが、福井県のハマジというポイントらしいです。残念ながら行き方は覚えてません。

 

サーフポイントにつくとテンションが上がらないはずはなかったですね。いたるところでスピッツが出てました。サイズもビビるほどでもない。頭くらいだったと思います。人はまあまあいましたが、波が余裕であまってました。

 

とはいえエンジンがかかるのが遅い僕はチンタラ着替えてようやくビーチにおりたちました。

 

す、砂が気持ちいい。砂が赤い。砂がデカい!って感じでした。伊良湖の汚い砂しか見たことなかったもんで。もんで。

 

すっぽりスタンディングチューブに遭遇!

 

そして、先にパドルアウトしていたが見事に玉砕されて体操座りをしていたカナヅチT君をよそにサーフィンしまくりました。

 

めちゃくちゃ波がいい。

 

最高新記録を更新しまくりのロングライドでした。←たぶんアップスとフローター

 

いまなら分かりますが、ダブルアップする波でしたね。胸くらいのうねりだけど、ボトムにいくと頭ちょいくらいになるという。ド三角の波でした。

 

アウトからインサイドまで乗れたのはたぶんこの時が初めてでしょう。

 

インサイドでむせているT君をよそに波に乗りまくりました。

本当に泳げないガチでカナヅチの友人がサーフィンを始めた話。

そうこうしているうちに少し大きめのセットが入ってきました。当時はレギュラーだろうがグフィーだろうがすべてフロントサイドで乗ってましたね。

 

完璧なテイクオフをしてボトムにおりていきました。正確にいうと、スポンっとボトムにもってかれた感じです。

 

完全にチューブの中にいました。少しディープな位置だけど出口がガッポリ開いてました。

 

その瞬間ぼくはあろうことか、水泳選手があの四角いとこから飛び込むように自らチューブを放棄し水の中に飛び込みました。

 

なぜかヤバい!って思ったんですね。

 

なぜか生命の危機を感じちゃいました。

 

初心者はチューブにはいったらそのまま固まろう。

 

非常にもったいことをしでかしました。初めてのチューブライド。ましてや棒立ち状態のスタンディングチューブを自ら放棄したのですから。

 

間違いなくそのままの体勢で抜けれてました。ただその場でときが過ぎるのを待てばいいだけだったのに。

 

その後チューブらしいチューブを抜けることができたのって3年くらいかかってますからね。

 

いまでもいい思い出ですよ。チキンでしたね。

バリのウルワツで波がデカ過ぎてビビりまくってた話。

いや、いまでもチキンハートかもしれませんね。タヒチなんていこうか思いませんもん。

 

けっこう前の話ですが、坂口憲二さんがタヒチに行っててダブルくらいかな。ショルダーらへんで青い顔してました。んでスタッフに大丈夫か?って。聞かれるという。

 

ぜったい大丈夫な顔じゃなかったですもんね。あんときの心境解りますよ坂口さん。

 

とまあ脱線しましたが、ガッポリチューブはあんまり経験できる機会がないので、みなさんはしっかりメイクしてくださいね。

 

近いうちにチューブの記事を書きますので楽しみに待っててください。

 

以上です。

 

読んでくれてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして!ちょんまげバニラです。サーフィンについて経験したことを書いていきます。 訪れて下さった方に、役立つ情報や楽しさを提供できるよう、価値ある記事を書いていきたいと思います。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ちょんまげバニラのサーフィンBLOG , 2018 All Rights Reserved.